腕がピカピカになって喜ぶ女子

脱毛サロン通いがはじまると、施術前には必ず脱毛する部位のムダ毛を処理をしてくるように言われます。

その自己処理の方法も注意しないと良い脱毛効果が得られなかったり、施術が断られてしまうような肌になってしまう状態になうことも・・・。

そこで今回は、脱毛期間中の安全で効果的なムダ毛処理方法をまとめました。

脱毛中にやってはいけないムダ毛処理の方法

毛抜きで抜くのは禁止

エステサロンや脱毛専門のサロンで行う光脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する光を照射して、毛根を弱らせて減毛・抑毛させていく仕組みになっています。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛穴から毛根自体がなくなってしまうので、照射しても光がメラニンに反応することができないし、毛根にダメージを与えることもできないんです。つまり効果がない状態に・・・。

しかも抜いてしまうと毛が生えてくる周期が乱れてしまうので、せっかく毛周期に合わせてスケジュールを組んでも、脱毛効果が半減してしまい、長期化してしまうことにもなりかねません。

脱毛期間中のムダ毛処理は、毛根を残すことが必要条件です。脱毛ワックスや脱毛テープも、毛根から抜いてしまうのでやめましょうね。

除毛クリームで毛を溶かすのは禁止

除毛クリームは肌に塗って洗い流すだけで、毛が溶けてなくなるという簡単な脱毛法です。ですが肌も毛と同じたんぱく質でできているので、除毛クリームを塗ると肌あれしてヒリヒリすることも・・・。

肌にダメージを与えるだけでなく、サロンによっては除毛クリームで処理した肌は、断られることもあるので、やらないほうが良いでしょう。

カミソリで剃るのは禁止

カミソリは、どんなに気を付けても毛を剃るときに肌の表面の角質層を削ってしまうので、カミソリ負けして赤くなったり、乾燥しやすい状態になります。手軽にできて便利なのですが、肌を痛めるので控えましょう。

脱毛中の理想的なムダ毛処理の方法

脱毛中のムダ毛処理のポイントは、「毛根を残す」「肌を痛めない」ということ。

この2つの条件をクリアする理想的なムダ毛処理の方法は、「電気シェーバー」です。電気シェーバーは、直接刃が肌に触れない構造になっているので、いちばん肌に優しいお手入れの方法。

多くのサロンで電気シェーバーによる自己処理を推奨していて、店頭でも販売されている安全な方法と言えるでしょう。

追伸

「脱毛中なのに、自分で処理しなければいけないの!?」と思うかもしれませんが、ムダ毛が伸びてボーボーの状態では、照射する光が毛根が届かないので、高い脱毛効果が得られないんですよ。

しかも痛を強く感じたり、火傷などの肌トラブルを招く原因になってしまうことがあるので、自分でムダ毛のお手入れをする必要がるんですね。

いちばんよいとされている方法は、電気シェーバー。

剃るタイミングは、施術日の2日前です。もし万が一シェーバーで肌に炎症が起きても、2日あれば肌が落ち着きます。

また剃りたてでまったく毛がない状態より、2mmくらい伸びている方が脱毛マシンの光が反応しやすいので脱毛効果が高くなるんですよ。

脱毛しはじめても、スグにムダ毛の処理から解放されるわけではありませんが、繰り返すたびにムダ毛が減って、剛毛な毛も細くやわらかな毛になるので、楽になることに違いはありません。

まずはツルスベの状態を体感してみてください。きっとその効果を知ってしまったら、やらずにはいられなくなるはずです。