つるつるの腕を見て満足する女性

医療機関や美容クリニックでおこなう脱毛も、エステサロン並みに安く脱毛できるクリニックが登場して、ずいぶん気軽に通いやすくなりましたね。

ただクリニックで脱毛するにしても、副作用がないわけではありません。ここではクリニックで行う医療脱毛のデメリットについてまとめました。

高い効果が実感できる反面、痛い

クリニックでメインとして行われるレーザー脱毛も、サロンの脱毛である光脱毛も脱毛の仕組みはほとんど同じですが、レーザー脱毛は照射のパワーが強いことが大きな違いです。

毛根を破壊するほど強力なので、たった1回の施術でも効果が実感できるうえに、脱毛の効果はほぼ永久的。つまり毛根が破壊された毛穴からは二度と毛が生えてくることはありません。

ですが施術時に痛みが生じやすいということがウィークポイント。施術する部位にもよりますが、激痛に耐えられないと感じる方も少なくないとか。

ただ痛みにたいしては、麻酔で軽減するなど適切な処置を行うことができるというのも、医療脱毛の特徴。まったく痛みがないとはいえませんが、クリニックであれば軽減してくれるので、痛くて通えない・・・ということはないので、安心してくださいね。

効果が高いぶん、肌への負担が大きい

レーザー脱毛の効果は高いぶん、施術中に痛いだけでなく施術後の肌への負担も光脱毛と比べると大きくなります。

副作用として、肌の赤みや腫れなどの症状がありますが、クリニックではすぐに治療してもらえるので、ほとんどの場合後遺症など大きな肌トラブルになることはないでしょう。

何かあっても医師にする対応してもらえるので安心感が違います。

エステで脱毛するより料金が高い

そのほかには、サロンと比べると料金の設定がやや高めです。
いくら医療機関で施術してもらうといっても、美容目的による脱毛は、医療保険の適用外になってしまうので、費用は高くなってしまいます。

とはいってもこのところ、サロンなみに安く脱毛できる体験コースがあったり、部位脱毛だけできるクリニックも増えてきたので、気軽に通いやすくなりました。

自己処理にかける時間と手間を考えたら、思い切って医療脱毛してしまったほうがお得といえるのではないでしょうか。

まとめ

医療脱毛の魅力は「脱毛が完了さえすれば、ずっとムダ毛の処理から解放される」こと。そして「医師のもとで施術が受けられること」です。

とはいえ肌へのダメージが大きいことも事実。
もし肌トラブルや痛みが心配なのであれば、まずは肌ダメージが少なく懐にやさしいサロンで脱毛して、残ったムダ毛だけ医療脱毛するとう手もありますよ。